「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は二国間の通貨を売り買いして利ざやを生む取引です。取引の値は、上がったり下がったりします。それが為替市場です。ラジオのニュースを聞いていると通貨の為替レートの情報が流れる場合があります。よく見かけるのが、「現在のドル円相場は80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。それは80円50銭から80円52銭の間で取引されているという訳ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを意味しています。トレードには買いと売りの2個の価格が存在します。売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表現している業者もあったりします。普通は買値よりも売値が低い値段になっています。買うときには高く、売るときには安くなるものです。この差分をスプレッドといい、FX取引会社の収益のひとつといわれています。スプレッドの差は取引会社によって違います。スプレッド幅はあなたにとって手数料になるので低いFX業者をセレクトするほうが得します。ただし、同じFX業者でも場面に応じてスプレッドの狭さは拡大したり、縮小したりします。例としていつもは円とドルのペアでたった1銭のスプレッドの幅だったとしても為替の変化がかなり大きいときには広くなったりするのです。そういう訳で、スプレッドが狭いのと同じく、安定している事が不可欠です。この頃では固定でスプレッド幅を提示する業者もあります。リアルに取引会社の取引画面上でリアルな市場を見て確認しなければ評価できないので面倒ですが大事な事です。大切なお金を賭けて売買をするのですから、本物の売買の前に、心惹かれた取引会社の新しい口座開設をして提示されているスプレッドの広さを見ておきましょう。同じ外貨でも、その瞬間のマーケットの状態によって通貨のスプレッドの広さは異なります。おおむね、銀行間取引市場で取引量の多い、流動性の高い通貨ではスプレッドの広さが狭くこの他の通貨ペアではスプレッドの差が広がる傾向にあります。

Copyright © 2002 www.chococas.com All Rights Reserved.