ここでは為替相場におけるベーシックな内容についてのお話です。為替相場を簡潔に説明すると「直接的に金の送金をすることなく金銭の受け渡しの目標を果たす取引」を示します。普段為替相場というと大体国際為替のことを指すケースが多いです。外国の為替というものは二つの国のマネーの引き換えのことを指します。他の国へ旅行(韓国、タイ、アメリカ合衆国)を以前にしていれば絶対に国際の為替のやり取りの経験があるはずです。近くの銀行にて旅行先の通貨へ取り替えをするのであれば、それはまさに国際為替なのです。為替市場は買い手と売る人の価格の相場を意味するものです。銀行と銀行の取引の結果決定されます。その銀行というのはマーケットメイカーと言う世界のいくつかの銀行です。為替の相場はたくさんの見えない力を受けて引き続き時間とともに変化します。為替の相場を変動させて行く引き金になるのは、ファンダメンタルズが考えられます。ファンダメンタルズとは何かと言うと、経済情勢、経済の基礎的条件や様々な条件のことを指すものです。その国の経済成長や景気の状態、物価の水準、金融政策、国際収支、要人発言等のことが作用して為替相場は変わって行きます。この中でも国際収支や失業者の割合は重要ポイントと言われます。国際収支とは、日本の中では財務省からの言いつけで日銀が日本外国貿易統計を使って作った他の国との一定期間のトレードを記録したものです。統計は中央官庁や日本銀行のHP等で見ることができます。就職者の統計・失業者の割合も影響することが多い理由です。格段アメリカ合衆国の就業者の統計は影響を与えます。月ごとに公にされ調査の対象が広範囲なのがポイントです。為替の相場の推移はその国の経済の変化を示しているのです。経済の動きを見ることで為替の変動見通しができるようになると言うことです。

Copyright © 2002 www.chococas.com All Rights Reserved.