実際にパソコンの。ディスプレイの前に座って、いつも変化している為替レートを見てしまうと、すぐに売買をしたくなるという思いが沸き起こる状況も少なくないと思います。だけど、不明瞭な思いでエントリーするのは避ける必要があります。知っての通り、マーケットは1日中、休みなくいずれかの国の外国為替市場はやっているし、レートもいかなる時でも変動しています。しかし、考え無しに注文をすると、その分損をする可能性が高まってしまう。確かに売り買いの回数を積む事でだんだんと儲けられる確率か50%、50%になります。でもこの事は「漠然としたアイデアで売り買い」とは別の話です。注文回数を積み重ねる意味というのは、自ら「ここは勝てる」と思いついたチャンスを持ったところでの注文回数を重ねるという事を言っています。何となく、のべつ幕なしトレードを経験するのとは明確に違います。為替相場の戦いに勝利するためにはあなたが意識的に緩急をつけることが大事だ。「ここで勝負」と思い至った市場の時には、迷わず保持ポジションを買い増して、利益を追求する。「ちょっと分かりにくい為替相場でどう推移するのか予想できないな」と思案した時は執着しないで所持ポジションを全部閉じて黙っています。このぐらいのメリハリをつける方が、結果的にはトレードは勝利します。為替相場の格言には「休むも相場」というものがある。まったく言葉どおりだと感じます。取引とは、いつも売買ポジションを所有する事が重要ではなく何も持たずにじっと見ていることも、相場なのである。それならば、どういう時に休めばよいのだろうか。ひとつは、先に述べたように、これからの為替相場が難しいときです。高くなるのか安くなるのかわからないような時は分からないまま行動すると、あなたの書いた脚本とは違った方向に外国為替市場が向ってしまい、損失を被ることになる。そういった状況ではポジションを整理してそのまま何もしないで静観しているのが最善の策です。ふたつめは、自分の体の具合があまりよくない時です。体の具合と市場につながりがない考える投資家もいるだろうが。実はつながりがあります。体の調子が思わしくなければ、相場の判断しなければいけない局面で、必要不可欠な決定が出来ない場合が多くなります。やる気がわかない時は市場から目をそらす事も大事なことだ。

Copyright © 2002 www.chococas.com All Rights Reserved.