ようやく売買する時という場合では一番に準備を怠ってはならない。トレードを始める前であったら、起こる事を冷静に見つめる事が可能です。ところが、いったん取引の内部に足を踏み入れると、何をしても捉え方が主観的になってしまい時々冷静な見方がわからなくなる可能性があります。その分メンタルが合理的な間にしっかりと事前準備をしておくことが重要です。”準備”のためには、最初は自分の筋書きを作る事から手をつけます。これからの為替相場は下がる(または上がる)からランドを買う(あるいは売る)といったあなたなりのストーリー展開を考えていきます。次に時間足チャートを見ましょう。これまでのレートの上がり下がり見定めて、今現在の相場を確認します。そうしたら、「今現在は結構低すぎる状態だ」など、そうでなければ「すでに多数の投資家の方々が取引しているから、これから先慌ててエントリーしてもすでに遅すぎるな」などと納得できます。当然ですがすでに取引するのが手遅れだなと思ったならば何もしないで、この状況ではきっぱりと割り切ることが大事です。どうやってもあなたの台本を押し通そうとして、割り切らずに新しく注文すると、為替相場に跳ね返されてしまいむしろ損をすることになるリスクがあります。ただしかなりのケースで事前に準備しているあなたなりの物語を考えておくと、取引が遅すぎるという場面にはならないでしょう。リアルに市場が上下動する前の状況のはずです。更に、とりあえずは自分自身が注文しようと考えている通貨の推移を注意深く点検する事が大切です。もし、円安に向うと推測する台本を作成したのであればその外貨の動きに注目しておくことだ。外国為替市場の上げ下げを確認し始めたときでは、まだドル円は分かりやすく変動する素振りを見せないで、上がったり下がったりちょっとした動きを繰り返しているだけでしょう。だけど、その変動をきちんと見ていると、ある位置でじわじわと円安へと外国為替市場が変化し始めます。そこで初めて、ドル円の注文をします。普通は、そこまで慎重に計画をしておけば、その注文で儲ける可能性はかなり大きくなるはずです。

Copyright © 2002 www.chococas.com All Rights Reserved.