よくある外為取引の雑誌では「損が生まれたケースではナンピンによって、ポジション全体の価格を抑える事ができる」等説明されていたりする事もありますが、現実的にはそれは目に見えない引っ掛けがある。子ども 就寝時間 遅い

まずはじめに、ナンピンの仕組みについて簡単に記述します。社宅・寮ありや家賃の補助ありも選べる薬剤師の求人

仮に1ドル100円でドルを買ったとする。ロスミンローヤル 解約

$(ドル)買いなので、ドル高に進むほど利益が大きくなるわけですが運悪く1ドル=95円まで円高ドル安が進んでしまった。ロスミンローヤル ブログ

そのままポジションを所有し続けたらマイナスをなくすためには、マイナス分、ドル高に向う必要があります。大阪府の債務整理

誰もが、赤字は早急にリカバリしたいと願うだろう。糖尿病 改善

この状況を乗り切るためはじめに売り買いしたのと同じだけの$を、1ドル=95円で売買します。ロスミンローヤル アットコスメ

これで、ポジション全体のコストは97円50銭まで低くすることができる。中小消費者金融

つまり、半分の幅で円安が進めば、赤字を回復する事ができます。京都 シースリー

それが、ナンピン買いの理屈です。ロスミンローヤルの口コミ

こういうふうに、ナンピンの原理を目にすると、「納得だ」と思ったりするが為替相場はそう簡単に思うようにはいきません。

だいたい、95円が底だということなど、誰一人として想像できません。

仮に、為替がかなり強いドル安基調であれば1ドル95円ではとまらず、より一層ドル安が加速する可能性があります。

例として、1ドル=97.50円でナンピンをした場合に、1ドル=95円まで円高になったら、ナンピンした分にも、差損が生まれることになってしまいます。

そういう状況では一番初めに買ったドルと全部で、二重の損失を被ることになります。

このように、ナンピンは大変です。

それでは、市場が自分のシナリオとは逆にすぐに進んでしまった場合どういう手法で危険の確率を軽減すればいいのだろうか。

そういう時には選べる手段は2つあります。

最初のひとつは潔く、ポジションを閉じる事です。

もうひとつは今、自分自身が所持しているポジションを少なくして、再度為替が戻るのをじっと待ち望むことです。

かなり消極的な手段だと思う方もいます。

だけど、自分の持っているポジションに為替差損が生じた時、最も適切な術はこれ以上のものは考えられない。

無論、理論としては、ナンピン買いをする方法もあると思います。

だけどナンピン買いは自分自身が損失を披っている状態にもかかわらずポジションを小さくするどころか、逆に買いポジションを積み重ねていく対策です。

これでは、危険を管理することなどとてもできないと思ったほうがいいです。

ナンピンを続ける事ができればその内損を取り返せるかもしれません。

だが、そうなる前に投資資金が無くなってしまいます。

Copyright © 2002 www.chococas.com All Rights Reserved.