一般にはクレカのひと月の限度額が自身が普段使用する額より多くしていると顧客は安心だと考えることなくクレジットカードを使用してしまったりする傾向があるようです。

そのようなクレジットカード乱用を抑制するためクレカの限界額を前もって減らし気味にしておこうというお勧めが、以下の本文のメインとなる考え方です。

利用限度額をコントロールする方法:契約カードの上限額の引き下げ手順は、月の利用限度額を増やすやり方と大差なく、とても手軽です。

裏面に記載されている電話番号に問い合わせて、「月ごとの限度額を減らしたい」と希望を担当者に向けて言うだけです。

一般的には現在の利用限度額に比べて低ければ、特別な調査もなくすぐに申請ができてしまいます。

利用限度額を増やさないなら防犯とも結びついている…カードの月の限度額を減らしておくことは自己抑制等のメリットはもちろん防犯対策にも影響します。

万が一、財布の中のクレカが盗られて偽造されるような場合でも、事前にクレジットカードの利用限度額を低く申請しておけば危険を可能な限り最小限にすることも可能だからなのです。

強調しておきたいのは乱用されることになった問題が発生してもクレジットカードの利用者に意図的と言えるような問題がない場合は、盗難保険というしくみが使用者をサポートしてくれるし不安を感じることはないんですが1%の可能性のことを頭に入れておき、不必要な月ごとの限度額は少なくしておくなら安心でしょう。

必要以上の上限設定は良いとは言えないことでしかないのです。

Copyright © 2002 www.chococas.com All Rights Reserved.