普通の初めての方向けの外国為替証拠金取引の書籍では、「損失が生じたケースではナンピン買いすることで、全体の平均の価格を低くする」と書かれていると思いますがこれはかなりの引っ掛けがあります。ベッド通販

まずはじめに、ナンピン買いの仕組みに関して簡単に説明しておきます。サエル値段

仮に100円で1ドルを買ったとします。即日キャッシング

$買いですから、円安ドル高になるほど黒字が出るわけだが反対に1ドル95円まで円高ドル安に推移したとします。火災保険の見積もり

そのままポジションを所有し続けたら、損失が戻るためには5円分、円安に向う必要があります。育毛剤 お試し

皆さん、損は出来るだけ早くリカバリしたいと願うでしょう。探偵業

ここで最初に取引したのと同額の$を、1ドルを95円で売買します。ミュゼ100円脱毛キャンペーン実施中!

それによって、ポジション全体の平均の買い付け価格は97円50銭まで低くすることができる。ミュゼ千葉 今月のお得なキャンペーン情報はコチラ!

要するに、半分の幅で円安が進めば、損を回復できます。ライザップ 梅田店

それが、ナンピンのロジックだ。エイジングケア化粧品ならこのお店

このように、ナンピンのやり方を聞くと、「その通り」と思ったりするが、相場は容易には上手くはいきません。

そもそも、1ドル=95円が底だということなど誰も予想できません。

仮に、市場が相当に強い円高ドル安動向だとしたら、1ドル95円では止まることなくより円高ドル安が加速する確率が高くなります。

97.50円でナンピンをするとしても、1ドル95円まで円高に向ったら、ナンピンしたポジションにも損失が生まれます。

こういう状態では一番初めに保有したポジションと同時に損失を被ります。

この通り、ナンピンは厄介です。

ならば、マーケットが己のストーリー展開とは逆向きにさっと進む場合どういった手法でリスクを軽減すればいいのでしょうか。

こういう状態で選べる手段は2つしかありません。

最初のひとつはあきらめて損を確定する事です。

もうひとつの手段としてはその時に、自分が所持している買いポジションを減らす事でもう一回マーケットが戻るのをひたすら待機する事だけです。

ずいぶん後ろ向きな手段だと言う人もいます。

だけど、自分が所有しているポジションに為替差損が生まれた場合、最も効果のある術はそれ以外にはありません。

無論、ロジックのうえではナンピンをするという方法もあるように思える。

しかしナンピンはあなた自身が損失を披っている場面にもかかわらずポジションを減少させるどころか、買いポジションを買い増していく手段です。

この手段では、危険性を制御することなどとてもやりようがないと考えるべきです。

ナンピンをし続けられればいつかは勝てるかもしれない。

だがしかし、それより前に資金は無くなってしまいます。

Copyright © 2002 www.chococas.com All Rights Reserved.